学生の時から今まで、英語が話せるようになりたくて、
結構真面目に勉強してきたつもりなんだけど…
全然思うように話せなくて心が折れてしまいそう…

酒井一郎さんのSimple English

本当に81文+応用文121センテンスだけで、英語が話せるようになるっていうけど

2ch、Yahoo知恵袋とかまとめサイトでの評判ってどうなのかなぁ。

具体的な内容と感想を確認してみる

掛け算の九九のように覚えるだけ(81文とその応用文121センテンス) で英語は十分に話せるんだってね。

意外だけど、こんな口コミもあるね。

「学生時代から長年にわたり英検やCDブックに挑戦したり、いろいろと試してきましたがまったくダメでした。
そんな時にたまたま出会った「Simple English」のおかげで話せるようになったと感じています。
特に「読むだけで楽になる英語のクスリ」という章がすごくためになりました。
今では憧れのミュージシャンの通訳の仕事をしたい!という夢も叶えられました。」

「転職のため、にどうしても英語を身につけないといけない
という時にこのテキストに出会うことが出来ました。
最初は、本当にれこだけ大丈夫?と思いましたが、
実際にシンプル・イングリッシュのテキストを学ぶことで、
短期間で英語を使えるようになると感じました。」

酒井一郎さんのSimple English

酒井一郎先生はすでに著書19冊、
実部42万部の大ベストセラーも出していて、
教科書の執筆や元英検面接委員としても活躍していたんだって。

再現性あるみたい。

やってみようかな^^